Genetically modified (GM) mice as exemplified by transgenic (Tg) mice and knockout (KO) mice have been widely used to examine the function of DNA of interest (DOI) in vivo or to explore the mechanism of pathogenesis of human disease and therapeutic drugs against such disease. In our laboratory, development of a new methodology to create various types of GM mice is being performed.

   For examples, we have developed a novel method called “pronuclear injection-based targeted transgenesis (PITT)”, with which single copy of transgene carrying a DOI can be inserted into the Rosa26 locus of mice, a specific locus allowing transgene expression in the absence of position effects (gene silencing), using a Cre/loxP-based site-specific recombination system.

   Furthermore, we recently developed another method called “Genome-editing via Oviductal Nucleic Acids Delivery (GONAD)”, a method for creating GM (genome-edited) mice without needs of ex vivo handling of

zygotes, such as zygote isolation, microinjection of nucleic acids (i.e., CRISPR/Cas9-related components) into zygotes, cultivation of those manipulated zygotes for a short period, and return of embryos into the reproductive tracts of recipient females.

   Our future subjects are to develop a more advanced method for CRISPR/Cas9-based genome editing, to perform basic research towards gene therapy and to apply our present available techniques to the field of synthetic biology.

 ノックアウトマウスやトランスジェニックマウスなどの遺伝子改変マウスは、個体レベルでの遺伝子機能解析やヒト疾患のモデルマウスとして、世界中で広く使用されています。我々の研究室では、主に実験用マウスを用いて、これらの遺伝子改変マウスを作製するための方法論の開発を行っています。

 例えば、Cre-loxP部位特異的組換え系などを利用して、Rosa26と呼ばれる遺伝子座位に1コピーの目的遺伝子を挿入することにより、安定した遺伝子発現を示すトランスジェニックマウスが再現性良く得られる方法であるpronuclear injection-based targeted transgenesis (PITT)法を開発してきました。

 最近は、Genome-editing via Oviductal Nucleic Acids Delivery (GONAD)法と呼ばれる、受精卵の単離、顕微注入、移植を要しない新規遺伝子改変マウス作製法を開発し、CRISPR/Cas9ゲノム編集法への応用などを行っています。

 今後は、CRISPR/Cas9系を用いて、より洗練されたゲノム改変技術の開発、遺伝子治療法開発、合成生物学への応用などを進めていきたいと考えています。

News & Topics

February 20, 2020

重井医学研究所の松山誠先生が研究室に来られ、東海医学会にてご講演いただきました。

September 26, 2019

神戸大学で開催された「実験動物に感謝する集い」にて、大塚先生が講演を行いました。

July 11, 2019

明治大学で開催されたゲノム編集ミーティング「新しいゲノム編集技術によるヒト疾患モデルマウスの効率的作製」で、大塚先生が講演を行いました。

May 31, 2019

三浦研究員がシアトルのワシントン大学に留学しました。

May 06, 2019

大塚先生がジョージア大学を訪問しました。

April 14, 2019

Dr. Gurumurthyが東海大学の我々の研究室を訪問し、セミナーを行いました。

March 11, 2019

MITおよび東京医科歯科大の先生方が、i-GONAD法の見学に来られました。

February 12, 2019

奈良県立医大、東京医科歯科大、東京理科大、フロリダ大の先生方が、GONAD法の見学に来られました。

January 27, 2019

大塚准教授が、中部大学の生命健康科学研究所・ライフサイエンスセミナーにて講演を行いました。

January 09, 2019

大塚准教授が、奈良県立医科大学にて講演を行いました。

December 05, 2018

三浦研究員が、シアトルのワシントン大学で講演を行いました。

November 13, 2018

東京農大、国立がん研究センターの先生方が、GONAD法の見学に来られました。

October 09, 2018

大塚准教授が半年のアメリカ留学から帰国されました。

August 10, 2018

三浦研究員がUGAを訪問しました。

April 10, 2018

大塚准教授が、ジョージア大学のDr. Dexi Liuの研究室にvisiting professorとして留学されました。

March 08, 2018

大塚准教授と三浦研究員が、新潟大学の上村顕也先生の研究室を訪問しました。

February 28, 2018

北大、東北大、東大、東京医科歯科大、慶応大、同志社大、山口大、九州大の先生方が、GONAD法の見学に来られました。

February 14, 2018

卒研生のArifinさんが、湘南校舎で卒論発表を行いました。

December 26, 2017

大塚准教授が、東北大学農学部にて講演を行いました。

December 24, 2017

Nature Protocols誌に掲載されたEasi-CRISPR法のプロトコル論文が化学工業日報で取り上げられました。

November 29, 2017

Australian National UniversityのDr. Gaetan Burgioが当研究室を訪問し、東海医学会セミナーを行いGONAD法を見学されました。

November 13, 2017

埼玉大、山口大、奈良県立医科大、防衛医科大の先生方が、GONAD法の見学に来られました。

November 10, 2017

大塚准教授が第3回川島カンファレンスで特別講演を行いました。

November 07, 2017

岐阜大学の大沢匡毅先生が当研究室を訪問し、東海医学会セミナーを行いました。

August 23, 2017

大塚准教授が、国立成育医療センターにて講演を行いました。

August 21, 2017

東京女子医大、中部大、北里大、理研BRCの先生方が、GONAD法の見学に来られました。